February 17, 2005

公開されたPluginの改良版を掲載している問題について

前のエントリーで紹介した、Ogawa::Memoranda: Quasi-Spam Filter Pluginなのですが、これを改良したコードを掲載しているWeblogがある。
トラックバックスパム対策(その2): 小粋空間
こちらである。
内容については、有効な改良であると思うのだが、ちょっと気になったこと。
まず最初にPluginを公開したOgawa::Memorandaは、クリエイティブ・コモンズのもとでコンテンツを公開されている。
そして、そのライセンスの内容は「帰属 - 非営利 - 派生禁止 2.0」だ。
クリエイティブ・コモンズのなかでは、一番厳しい制限である。
詳しくは

帰属. あなたは原著作者・実演家のクレジットを出さなければなりません。
非営利. あなたはこの作品を営利目的で利用してはなりません。
派生禁止. あなたはこの作品を改変、変形または加工してはなりません。

ということになる。この許諾条項にしたがっている限りは、再配布してもいいという内容だ。
そういう意味では、小粋空間で、Pluginのソースの改変を掲載しているのは、まずいのではないか?と気になったのだ。
この場合だと、Ogawa::Memorandaさんに「こういう改良を施したほうがいいのではないか?」という提案をするか、或いは了解をとって掲載するかしかないのではないかと思うのだが、どうなのだろう。
小川さんは、どう思うのだろう。

そして、また日を改めて書こうと思っているが、小粋空間でカスタマイズされたソースを、何の臆面も無くそのまま「教えてもらいましたー」と、貼り付けているBlogをちらほら見かける。
更に、問題の根を拡げているように思う。


――追記 (05/02/18)
小川さんから、コメントをいただき、私の誤解だったことが判明しました。
詳細と、お詫び文は次のエントリーに掲載いたしました。
The Neppoh Times ++news熱風ch: 公開されたPluginの改良版を掲載している問題について(2)――お詫びと訂正

Posted by yoshidako at February 17, 2005 11:46 PM | トラックバック
コメント

私のブログ本体はCCLに基づく一方、プラグインはAritistic Licenseに基づきます。
http://as-is.net/hacks/2005/01/quasi_spam_filter_plugin.html

日本語版ブログの方に記載を忘れており、混乱を招いてしまいました。以後気をつけますね。

Posted by: (o) at February 18, 2005 02:24 AM

リンク先を拝見しました。
Artistic Licenseは、非常に緩いライセンスなのですね。
そして、もともとPerlの利用条件であるということも初めて知りました。
不勉強でした。お恥ずかしい。
こちらこそ、申し訳ありません。

Posted by: よしだこうすけ at February 19, 2005 12:45 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?






HD/DVDレコーダー最安情報